生命保険の見直し

生命保険は定期保険が満期を迎えた時に見直しましょう。その際の選択肢としては3つあります。継続、乗換え、解約です。皆様の現在で必要なものをしっかりとお考えの上での見直しをおすすめします。保険料の安さは魅力ですが、必要な保障があるかどうかはよく確かめなくてはいけません。「なぜ。保険に加入しているのか」と初心に返って考えましょう。

それでは、保険見直しの3つの選択肢を掘り下げて考えてみます。まずは継続からです。これは今加入中の生命保険を更新する形です。今のままでいいかどうかは解約しても損かどうかでも決まります。次に乗り換えです。保険の見直しと言えばこの言葉が思い浮かぶと言う人も多いのではないでしょうか。商品によっては現在ご加入のものより良いものもありますから、よく精査なさってください。そして次は解約です。

ご自身に必要のない保障がある等の判断があれば、解約も可能なのです。ご自身の立場や生活を考えながら、ご判断下さい。社会人すべてが保険に入らなければいけないわけではありません。保険は加入目的があってこそ、必要なのです。生活を圧迫するほどの保険料は適切ではありません。無理は禁物と言えます。では皆様、これらをご参考に保険の見直しに取り組んでみましょう。

生命保険の注意事項

皆様が現在、加入している生命保険の注意事項をまとめてみました。見直しをお考えの皆様、ご参考になさって下さい。注意事項は4つあります。保険金額の設定、保険料の適切さ、払込期間はそのままで良いか、解約辺戻金の理解です。これらを踏まえて現在の皆様の保険を見直してみることが大切です。

まずは保険金額ですが、妥当な金額でしょうか?もし過剰な金額の場合、保険料は高いはずです。そうなると保険金額が不足してしまう場合も考えられます。つまり、保険料を払っても必要なお金が受け取れず損してしまうことがあります。次に保険料はどうでしょうか?適切かどうか考えてみましょう。新しい商品が開発されることもありますから、同じ条件でより保険料が安いものがあるかもしれません。生命保険の無料相談サービスでチェックしてもらってもいいでしょう。その次に払込期間です。期間を変更する必要があるかどうか検討しましょう。

早めに払い終えたい場合があれば、期間短縮もできます。このような短縮は保険料をおさえることにもなります。それから、次に気を付けたいのは「解約辺戻金」です。これは途中解約した際に戻ってくるお金のこと。定期保険ではほとんどないのですが、終身保険、養老保険、学資保険は返戻率が高いです。ご自身の保険に照らし合わせてお考えください。